souzoku

WEB予約

ブログ

代々木で相続・遺言相談でしたら志磨税理士事務所へお越しください。

2021/07/30

代々木で相続・遺言相談でしたら志磨税理士事務所へお越しください。

代々木で相続・遺言相談でしたら志磨税理士事務所へお越しください。

 

代々木で相続・遺言相談でしたら志磨税理士事務所へお越しください。今回の記事では、遺産相続についての基礎知識について解説をしていきます。代々木・渋谷付近や都内にて相続でお悩みの方は一度確認してみてください。

 

  1. 相続とは

相続と聞いたときにどんなイメージを浮かべますか?ドラマ番組やテレビ番組のワイドショーなどで兄弟や親族が争いをすることを聞くためか、なにかトラブルのようなことを思い浮かべてネガティブに感じる方も多いのではないでしょうか。

 

その通りで、相続の案件を担当する際に毎回強く思うのが、意外にも兄弟での揉め事がとても多いということです。兄弟仲が良くてもお互いに年を取り自立をして家庭をもつことによって、兄弟関係も良好ではなくなりトラブルになるというケースが強いようです。

 

育ててくれた両親のためにも円満な解決ができるようにベストなサポートをさせていただきたいです。無駄なトラブルなく円満な解決をするためにも相続問題に強い税理士事務所を選んで相談することが非常に重要です。相続・遺言の問題についてと聞くと難しく考えてしまうこともありますが基礎的な解説をさせていただきます。

 

今のうちに相続問題について理解をしておくことでいざというときに役に立つかもしれません。

 

1-1相続の基礎知識①

相続とは、死亡した時にその方の財産を特定の人に引き継ぐことを言います。簡単にまとめると亡くなった方の財産を亡くなった方のご家族などの関係者が受け取ることです。

 

言葉としては、亡くなった方を「被相続人」、財産を受け取る側を「相続人」と言います。

亡くなった方の財産は「遺産」と言います。遺産争いなどの言葉もニュースなどで耳にしますが、相続の対象となるのは以下になります。

・現金や預貯金

・車や骨とう品

・土地や建物などの不動産

・特許権、著作権などの権利

お金だけが相続の対象になるというイメージを持っている方も多いと思いますが土地や権利などのものも相続の対象になります。

関係する相続人同士で話し合いをして円満に相続をすることが1番ではあります。遺言があれば残された遺言に従って相続を行うためこのタイミングで揉める結果になってしまうというケースがあります。

遺言がない場合には、話し合いで解決するか、民法上で定められた誰がどのぐらい相続するかいう内容によって決められてきます。

 

未成年が相続になっている場合には代理人を設ける必要があります。通常は相続人が未成年のケースの場合親が務める場合が多いです。しかし、親も子も相続人になっている場合には、親が代理人を務められない場合があります。この場合に関しては、家庭裁判所に申し立てて特別代理人を選ぶことになります。ここで選ばれた代理人が未成年者の代わりに遺産の手続きなどを行うことになります。

 

相続人の中でも血縁関係によって順位も変更になります。亡くなった方の配偶者は必ず相続人になります。その次は、亡くなった方の子供や孫になってくるように血縁関係によって順位が異なってきます。

 

同じ、優先順位に複数人がいる場合に関しては、全員が相続人となります。血縁関係がある人すべてが相続人になれるということではなく配偶者と優先順位が高い人だけが相続人となれます。

 

相続の場合遺言書が重要視されます。次は遺言書について記述していきます。

 

  1. 相続における遺言書について

遺言書は、相続の場合最重要視されます。遺言書は親族だからと言って勝手に開封してはいけません。遺言書は、未開封の誰も手を加えていないものじゃないと正規のものと判断されません。正規の遺言書がある場合には家庭裁判所で遺言書を確認してもらい証明書をもらう必要があります。

 

遺言書を残すことによっていくつかのメリットもあります。一番大きなメリットは、相続人同士が揉めることがなく相続手続きを円滑に進めることができます。数ある財産を1つ1つどう分配させていくかが非常に重要です。遺言書によって相続人の誰に何をどの割合で相続させるかを決めることで遺産分割協議をする必要がなくなるためこちらが大きなメリットとなります。遺言書を残せば何をどの割合で相続させるかが決められているため相続人同士で話し合いがなくなり険悪な揉めるケースも少なくなる可能性もあります。

 

遺言書を残すことですべてがメリットになるということではありませんが知識として知っておくということが非常に重要となります。

 

3.相続遺言の相談でしたら、志磨税理士事務所にお任せください。

相続の案件は、何の揉め事もなく話し合いで終えることができるのがベストだと思っております。そんな中身内同士でトラブルに発展してしまうケースも多々あります。そういった場合には、専門知識のある専門家に任せることをおすすめします。

 

当事務所では、相続に関する問題を扱っております。豊富に知識と経験によって円満に解決できるようにサポート致します。

どなたにもわかりやすいサポートを心がけておりますので、お気軽にご相談をしていただければと思います。心よりお待ちしております。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。